MENU

HIV感染が心配になるケース

HIV検査

HIVに感染したかもしれないと思うときというのはどういうときでしょうか。 何もないのに感染を疑うことはないはずで、小さなことでも、人に話せば取り越し苦労だろうというようなことでも心当たりがあることに変わりはありません。

 

そして、感染したかもしれないという事実を受け入れがたいのは、いままでに自分がHIVなんて怖い病気にかかると考えもしなかった人だと思います。 後から冷静に考えて、もしかしたらあの時……と考えるようになってからやっと怖くなって、 HIVというものはどれくらい感染しやすいのか、感染したらどうすれば良いのかを考えるようになります。。

 

しかし、感染の確率は低いと言われても一度まさかと思ってしまったらなかなか納得できるものではなく、頭の中ではあり得ないと思っていてもやっぱり心のどこかで引っかかるという日々を送ることになる。具体的にそれはどんな人でしょうか。

 

例えば、あまり遊びなれていない若い人が、あるとき何かのお祝いか気晴らしかで風俗に行く。緊張や高揚感、気負いなども手伝って、またプロの女性の魅力もあって、つい羽目を外してしまう。

 

または、ときに人は自暴自棄になることもありますから、何か酷く傷ついて、自分なんかどうでも良いのだと思うことがある。そんなとき、後先を考えずに見ず知らずの人の優しい言葉に唆されて流されてしまうこともある。

 

いずれも少し冷静さを欠いた状態で、一種の現実逃避状態で、自分が何をしているのかは よく分かっているつもりでもやはり後になって後悔するということもあるのではないでしょうか。

 

もちろん、意識的に少し自分を傷つけて、現実を忘れたくなったり、いつもとは違う自分を演出してしまったりすることは誰にでもあります。そしてそれは成功すれば実に上手なストレス解消法でもありますし、後腐れや後悔がないのなら問題のない行為です。

 

しかしHIVの前では、このような場合、絶対に後悔や心配のないと言える性行為はありません。どんなに些細なことでも、誰にでもあるようなことでも、心当たりのある分だけ感染の危険性はあります。

このことに気付いたとき、現実を受け入れ、検査に踏み込むことが出来るかどうかが、とても大事なのです。

 

 

HIVの感染について

 

HIV感染というと「性行為を経験した人」だけに可能性があると思われていますが、HIV感染ルートは性行為感染以外にも血液感染、母子感染を挙げることができます。

 

逆に言えば同じ体液でも、唾液や汗、涙を介して感染するようなことはありませんので、例えHIV感染者がそばにいたとしても、日常的に接することを恐れたり、過度に神経質になるといった必要はありません。

 

HIV感染は、感染していることに気付けていないことが一番恐ろしいことであると言えます。

 

            実際に検査してみました。

HIV検査

 

HIV検査

 

結果はこちらです

 

 

出産時のリスクを考えればNICUの設備がある病院へ

 

出産の時に、生まれた子供に問題があると、個人産院の場合は、子供だけが提携病院に輸送されてしまうことがあるそうですね!
私も経験したことがないのですが、未熟児で出産していまった結果、個人産院ではNICUの施設がないため、緊急で設備が整った大病院へ運ばれてしまったそうです。
そのため、子供と母親が、別々の病院で入院することに!
これは想定外で、お父さんが大変なことになったそうですね!
奥さんは産院で入院しているけど、子供は大病院で入院なので、お父さんが入院手続きやらで、母親と子供の病院を行ったり来たりしたそうです。
その話を聞いてからは、出産に対する産院選びの基準をちょっと考えるようになりました!
やはり母子が一緒の病院に入院出来る方が、安心感がありますよね~。
母子が別々の病院になってしまうと、父親の負担も本当に大きいと思います。
すべての子供に問題があるわけではありませんが、やっぱり何かあった時に、別々の入院になってしまうのは、すごくショックも大きいと思います。
自分の子供が遠い病院にいると思うと、出産後の疲れた妊婦に、精神的なショックも加わりますね。
出産前に、未熟児のリスクを考えれば、やっぱり総合病院はいいですね。

 

葉酸サプリ

 

出産予約は早い物勝ち!遠距離恋愛からのでき婚って、すごい大変!私の友人が経験したのですが、地元の産院から現地の産院に電話予約をして、分娩予約をしていました。分娩予約なんて、電話予約でOKなこともあるんですね!まあ、友達の場合は、遠距離に住んでいて、ちょうど出産の時に、相手の地元へ行く予定なので、遠方に住んでいるからというのがあったからなんでしょうね。普通は、分娩予約っていうのは、電話予約では受け付けていないことも多いですからね。それだけに友達はちょっとラッキーだったのかな。でも、すごく人気がある産院だったそうで、出産関係の本なんかにもよく出ている所だったそうです。実際に転院する時には、電話予約...
体外受精の成功率を上げる葉酸サプリ現代の日本において、不妊に悩んでいるご夫婦は7組に1組と言われています。不妊症と言っても様々な原因があるので、どの方法が一番効果的なのかはわかりませんが、ご自身の体に合った治療方法を見つけて行なっていくことが大切です。その方法の一つに葉酸があります。葉酸は妊娠したら摂取しなければならないものですが、不妊症の女性にも効果があることがわかっています。子宮内膜を厚くする効果があります。子宮内膜は卵子が着床する時にとても大切な部分です。葉酸を摂取することで、子宮内膜を厚くフカフカの状態にすることができますので、着床率が上がります。次に子宮内膜の血流を良くする効果があり...
2015/07/17 16:06:17 |
男性性病と淋病について淋病にはどのような症状が見られるのかをご存知でしょうか?男性の場合には淋病に感染してしまうと増殖した淋病菌によって尿道が炎症を起こすようになってしまうのです。潜伏期間を経て、排尿時に痛みを感じるようになったり、排尿口から黄緑色の膿が出るようになってしまうのです。このような症状を放置していても、自然と状態が良くなることもあります。しかし基本的には放置していると症状は進行するばかりですので、できるだけ症状を早く完治するようにしましょう。症状が出なくなったとしても、淋病菌というのは死滅をしたわけではありません。淋病菌はいつまでも尿道内に残ったままになっていますので、淋病菌が残っ...
今は自宅用HIV検査キットがありますHIVに感染しているか否かの検査は、住んでいる場所に関係なく、全国の保健所で匿名かつ無料で受ける事が出来ます。しかし、実際に行くとなると抵抗を覚える人が多く、そのせいで発見が遅れるケースも少なくありません。また、検査を受ける場所によっては、その結果が分かるのに1週間程要すこともあり、分かるまでの間、検査を受けた人は多大な不安と共に日々を過ごさなければいけません。そうしたことが考慮され、最近では「自宅用HIV検査キット」を利用する方が増えています。これは「自宅用」と名の付く通り、自宅で人目を気にすることなくHIV検査をでき、その場で結果まで分かるものなので、プ...
過去を清算するためにも検査をしましょう人に言えないような性体験がある方は、HIVに感染しているかもしれないという恐怖もさることながら、感染の発覚により過去が露呈するかもしれない恐怖も人一倍感じるものだと思います。 病気は恐いですが、ときには過去にしたことの発覚を恐れるあまり、頑なに検査を受けずに命を縮めてしまう人がいます。HIVにかかっているかもしれないと思い始めると、いつしかHIVにかかっているに違いないと考えるようになり、検査しないまま心を病んでしまう人もいます。 疑えば疑うほど検査することや感染後の人生を歩むことが恐くなってしまう。最悪の場合、ノイローゼになって自殺にはしってしまうことも...
人に言えない性経験過去の性経験を清算するためにも、HIV検査を決断するという方はいるかもしれません。 保健所や病院に言ってもいつどんな行為がきっかけでHIVにかかったと思うかなんて言わなくてもいいでしょうが、少なくとも人に言えないような性経験がある方はやはりどこか後ろめたい気持ちで検査を受けに行くことになるでしょう。ましてや、自分だけならまだしも、他の誰かにうつした可能性があるとなれば恐ろしいほどのプレッシャーがかかるはず。過去の自分の行為を恥ずかしく思い、誰にも知られたくないと思うということもあると思います。そんな人のために、 誰とも接触せずにHIV検査が出来る検査キットというものがあります...
HIV感染者は意外に多いかもしれません性体験が豊富な人は、それだけ感染の確率が高いということになります。 HIVに感染しているかどうかは検査をしなければ絶対に分かりませんから、本人が大丈夫だと言っていたとしても当てにはなりませんし、例え検査をしたばかりだとしてもその後の行動によってはまったく意味が無くなってしまうこともあります。HIV検査は通常、感染の可能性があると疑われる性交があった日から3ヶ月は経過しなければ正確な結果は出ないと言います(この期間をウィンドウピリオドと言います)。よって、検査をしたとしてもそれは約3ヶ月前までの状態であり、その後の行為について正確に検査することは出来ないので...
HIV検査を考えるきっかけHIVやエイズは、正しい知識を持って気をつけていれば必ず感染を予防出来ます。しかし、その存在は知っていてもどこか他人事で、自分とは関係のないことだと思っていると思わぬところで感染の可能性が浮上してきて、途端に不安に襲われるということがある。 まさか自分がそんな恐い病気にかかるわけがないという油断が、HIVに感染してしまう要因の一つとなっているはずです。さらに、まさか自分がと思っている人が実は既に感染していて、そうとは知らずに、疑いもせずにまた誰かと関係を持ち、相手の方に感染させてしまっているというケースも当然あります。 また、自分が感染しているとは思ってもいない人は、...
自宅用HIV検査キットの注意点HIV検査キットにはいくつか種類がありますが、その中のひとつに「自宅用HIV検査キット」があります。 この検査キットはFDA(米国食品医薬品局)の認定も受けており、世界初の自宅で行えるHIV検査製品です。 一般的な検査キットは、自宅で検査した後で専門機関へキットを返送しなければいけません。そして、結果を出るまでに何日も待たなければいけません。しかしこの検査キットは検査結果も自宅で判定できます。検査も簡単で、唾液だけで出来ます。唾液を調べたあとに検査結果を読みとるまで20分から40分待つだけで結果が確認できます。 また、アメリカの製品ですが日本語の取扱説明書もついて...
検査キットを使わずに済むのが一番本当なら、検査キットを使わずにいられるのが一番理想的だと思います。それどころか、HIVの検査をしないで済むのが一番良い。 しかし、誰かと性行為の及ぶ場合、性病に関して絶対に安心なんてことはあまりありませんし、同性愛とはそのまま性の問題でもありますから、ある程度自分からオープンにならなければならないことがあるのです。だからこそ感染の可能性が高い。ストレートの方というのは、男性は女性に、女性は男性に興味があるという前提で生きている訳ですから、基本的には性的な嗜好を公開する必要はありません。異性が好きという前提で、あくまでそれ以外のことは好みの話だったりするのです。そ...